読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・のあろぐ

ゲーム、漫画、アニメで社会を豊かにしたいNoahの個人ブログ

星新一の思い出

はじめて自分で一冊読みきった小説は、5歳か6歳のときに留守番をしていたときに父親のを拝借して読んだ赤川次郎の『セーラー服と機関銃』だった。星新一を読んだときはそれ以上のインパクトを感じた。確か小学3年生のときだったと思う。そのあと、何冊も何冊…